仮性包茎とカントン包茎の違い

包茎は大きく別けると仮性やカントン、真性の3種類があります。包茎は病気ではないですが、そのままの状態で放置してているメリットになることはありません。包茎のペニスの場合、雑菌が溜まりやすくなっていて、包皮炎などの感染症を引き起こすケースがあるので注意が必要です。

カントン包茎と仮性には違いがあり、これらの状態を悩んでいる人は多く、中高年になってから手術を受ける人もいます。包茎は治療を受けることに治るので、一人で悩む必要はありません。自分の症状に合った治療を利用することができ、メンタル面も含めて治療を利用することが可能です。

亀頭が露出していない状態です

包茎は亀頭が露出しておらず、包皮に対して全体的だったり一部隠されている状態の総称です。男性は生まれた時は全員が包茎の状態になっていて、中高生くらいになると成長期に伴い体の発育と一緒にペニスが成長していく仕組みになっています。この頃は多感なので勃起を盛んに繰り返すようになる時期になります。

ペニスの成長と一緒に包皮全体は次第に勃起した時に応じて伸びていくようになるでしょう。亀頭が露出していくようになりますが、成長段階は一人ひとり違いがあるので、中には包茎の状態のまま止まるケースも多いです。包皮の先端になる包皮口が狭いと、勃起した時でも亀頭は露出することがありません。包皮全体が勃起した時より伸びて成長が止まってしまうと、平常時になると亀頭が隠されてしまいます。

包茎にはいくつか種類があり、真性やカントン、仮性などがあります。自分のペニスがいったいどのような状態になっているか、確認した上で包茎について知識を得ることは大切です。仮性包茎とカントン包茎には違いがあり、それぞれの特徴を把握することによって、適切な治療を受けることができます。自分で区別することができないなら、医師に相談することをおすすめします。

日本人の多くが仮性包茎です

仮性包茎に悩んでいる人は多く、日本人の多くが該当していると言われています。仮性包茎は平常時において亀頭の一部や全体が包皮に隠れており、簡単に包皮を剥くことができたり、亀頭全体を露出することが可能です。真性包茎と違って包皮を剥く場合痛みは伴いません。手を離すと次第に剥いた包皮は元の状態に戻っていき亀頭にきちんとかぶっていきます。

仮性包茎は平常時にだけ、皮がかぶっていることになり、勃起した時でも皮がかぶる状態などについて人によって程度に違いはあります。一般的にこのような状態を仮性包茎と呼んでいて、この仮性包茎は平常時には亀頭冠という通常カリと呼ばれている亀頭のくびれが隠れています。ここには恥垢などがたまりやすいので、不衛生になりやすいので注意が必要です。皮が戻る際陰毛などを巻き込むこともあるので、包皮や亀頭などを傷つけやすくなるでしょう。

見た目を気にする人も多く、仮性包茎の治療を検討している人は多いです。手でむけば露出させるので心配することはありませんが、中には勃起した時でもほとんど皮を被っている状態の仮性包茎もあるので、気になるなら一度医師に相談してみても良いでしょう。

うっ血した状態になるので注意

カントン包茎は真性包茎より包皮を剥くことができますが、包皮口の広さがきちんと足りていないので仮性包茎のようスムーズに剥けません。皮を剥くため力が必要になり、無理に皮を剥こうとするなら痛みを伴うこともあるでしょう。

このような場合はカントン包茎であることが予想され、カントン包茎の場合は何かの拍子に剥けて亀頭が露出すると、もともと包皮口が狭いので亀頭冠のカリに引っ掛かってしまい簡単に皮が戻ってこない仕組みです。カントン包茎の注意すべきポイントは、そのような状態のままにしておくと包皮口においてペニスが締め付けられるので、うっ血した状態になるケースがあります。

そのまま放置していると細胞が壊死することになったり、最悪の場合切り落とすといった選択もあるでしょう。勃起している状態だと更に締め付けがきつくなるので、かなり危険な状態になります。カントン包茎はできるだけ早い段階において手術が必要になり、早めにクリニックに通院することをおすすめします。包皮口が狭いので亀頭の根元を締めたままの状態で放置していると、皮が戻らなくなったり水ぶくれになって腫れてしまうこともあるので注意が必要です。

まとめ

自分のペニスと他人のペニスはどうしても比べてしまうものです。公共の場で見られたくなかったり、包茎であることを他人に知られてなくないと思う人は多いでしょう。包茎にはカントンや仮性などの種類がありますが、そのままの状態にしておくと常に皮がかぶっているのでカスがたまったり、酷い場合はうっ血するなど注意が必要です。

クリニックに相談すると自分に合った包茎の治し方を提案してくれたり、短期間で効率よく治療を受けることができます。特にカントン包茎はそのまま放っておくと危険なので、早めに医師に相談し症状が酷くならない前に手を打ちましょう。